「抜け毛が増えた!」とか「最近、薄くなってきた・・・」と感じている方の中には育毛剤を試してみようと考えている人も多いようですね。 しかし、いざ育毛剤を購入してようと思うと、どの育毛剤を選んだらよいものか悩んでしまうようです。せっかく育毛剤を買うのですから効くものが欲しいですものね。

では、実際にどの育毛剤が効果があるのか? 育毛剤の種類の多さから迷ってしまうのも仕方ありません。
そこで、『失敗しない育毛剤の選び方』を伝授します! なんて大袈裟なことを言ってしまいましたが、育毛剤を選ぶ基準を提案しますね。
まず知っておいて欲しいことは『育毛剤の効果は配合されている成分で決まる』ということですね。当たり前のようですが意識をしないで購入していませんか?

育毛剤の成分には、いろいろとありますね。 人気のあるものでは、育毛剤チャップアップに含まれている“M-034エキス”なんかは、優れた成分です。「ミノキシジルと同等の発毛効果」「抜け毛防止効果」「髪の毛を太くする効果」などなど。
また、薬用ポリピュアEXに含まれている“バイオポリリン酸”は毛乳頭をダイレクトに刺激する作用があるそうです。毛乳頭の働きが活発になれば毛母細胞の細胞分裂が活性化します。つまりは「髪の毛が生える」ということです。

チャップアップやブブカなどに配合されている“オウゴンエキス”は男性型脱毛症(AGA)の下原因である還元酵素の5αリダクターゼが男性ホルモンのテステステロンに作用するのを防ぎます。これによって、抜け毛の原因であるDHT【ジヒドロテステステロン)の働きを抑制します。 これで抜け毛が減り、薄毛になることを防いでくれますね。
こんな数種類の育毛成分だけでも、その重要性が分かりますね。 育毛剤を購入する際には、配合されている成分にも着目して選ぶことで失敗することを防いでくれます。


また、発毛効果、抜け毛予防効果などを持つ成分が2種類以上配合されていれば、さらに失敗する確率が減ります。
育毛剤を買う前には価格だけでなく、その配合成分にも着目することをオススメします。


中には、『育毛剤なんか使用できない!』という方もいるからもしれませんね。 これは仕方のないことなんですよね。
育毛剤も全ての人に効果があるわけではないのですから。 そして、即効性のあるものではありませんからね。

しかしながら、育毛剤も「効果のあるものを選び」「正しく使えば」、効果を発揮します。
効果のあるものは、上記でも述べましたが配合成分に着目して、発毛効果のある成分、脱毛抑止効果のある成分を配合している育毛剤を選択しましょうね。
また、それらの成分を毛根にまで届けるために浸透力の高いものを選ぶましょう。
最近では、成分をナノ化してある育毛剤や、精製水をナノ水に変えて配合してあるものまであります。
成分だけなく「浸透力」も育毛剤を選ぶポイントです。

また、「正しく使う」とは、ズバリ「塗布する量」のことです。
せっかく高い効果をもつ育毛剤を選んだのに、塗布する量が透くなければ効果を発揮することはありません・・・。
安くはない育毛剤ですから、長く保たせたいと考えるのも理解できますが、安くはないからこそ、しっかりと効果を引き出しましょう。

2ヶ月分の育毛剤は2ヶ月で、1ヶ月分の育毛剤は1ヶ月で使いきりましょう。
適量の目安としては、頭皮全体に塗布して、しっとりとする量が適量です。4mlと言われていますが、現在お使いの育毛剤があれば、容量を確認してみましょう。
それを4で割れば何日分の育毛剤かわかります。
育毛剤の公式サイトで何ヶ月分かを確かめてみると、割り出した使用量を大きく違うことがないと思いますよ。

育毛剤は効果のあるものを選び、正しく使うことが出来れば、期待通りの結果が出るものです。これには、長いスパンを考えて下さいね。3ヶ月でフサフサというわけにはいきませんが、半年に効果を実感できて、1年後が楽しみです。